ドイツのネットバンク比較

ネットバンクとは

 ネットバンク(Direktbank)は、実店舗のない銀行で口座維持手数料がかからず、利率も良いのが特徴です。多くの国内ATMはもちろん、世界中でクレジットカードによる無料引き出し(為替手数料はかかります)も可能です。
  
 店舗がないのでなんだか怪しいものだと(無意識に)感じてしまう人もあるようですが、許認可上は通常の銀行と全く同じですし、1口座につき10万ユーロまでの預金保証も同様にあります。
 
ドイツの銀行口座は日本のものとは違い、外国に移住する場合にも住所変更をして保持することが可能です。ネットバンクなら維持手数料がかかりませんから、長期間おいておいても安心です。
 
手数料のかかる店舗のある銀行に口座を持っている意味はもうありません!
今後は法改正により口座に変更も簡単になります。

開設方法

 ネットバンクの一般的な開設方法は、①サイトで必要事項を記入、②申込書をダウンロードし、署名、③住民登録票のコピーを同封し、パスポートを持って郵便局で本人認証、そのまま無料で郵送してくれます。
   
 ただし、ここで問題となるのが身分証明。外国人の唯一の正式な身分証明書はパスポート。ドイツ(欧州)では本人を特定する情報は、名前・生年月日・生誕地の3つですが、日本のパスポートには「生誕地」の記載がありません。
 
記載されている地名は本籍地(registered Domicil) の県名になっています。郵便局員は3つの情報をコンピューターに入力しなければならないのですが、その記載がないために受け付けてもらえないケースが増えています。
   
この場合の対処法は、
  
1: (本当は違う場合でも)本籍地の地名が自分の生誕地であると主張する(日本のパスポートには生誕地の記載がないとか、これは本籍地であって……などと説明しないほうが良い)
  
2: 戸籍謄本を元に領事館で作成するドイツ語の出生証明書を持参する(認められないケースも)
  
3: ほかの窓口係やほかの郵便局で再チャレンジ

ネットバンク比較

 私が実際に使用しているDKB、comdirect、Consors(DAB)、Fidor、N26を比較します。どこの銀行も維持手数料はかかりませんが、それぞれに特徴があります。
screen-shot-2016-09-16-at-11-54-42
1: 住民登録は必要、クレジットカードの申し込みをしなければ、学生や主婦、渡独してすぐでも開設可
  
2. comdirect bankはCommerzbankのATMで年間3回まで無料で現金入金、4回目以降は一回につき1.90€。N26では大手スーパー等で入金可能(毎月100€までは無料、それ以上では手数料1.5%)
  
3: DKBは常に他行よりも利率が高い。現在0.6%(2016年9月)
  
4: 銀行カードで支払えば、例えばスーパーでの買い物は「食費」に分類するなど、自動的に仕分けされ、家計簿が自動生成されます。アプリからも見ることができます。
  
6: comdirectは複数のアプリがあり高機能。他行も含めた複数の口座を一括管理したり、アプリでTAN生成も可(他行では紙媒体のTANリストを注文可)。A4版の請求書でもスマホで写真にとって自動入力。
  
※ N26は既存の銀行とは一味違うベルリンのFinTechスタートアップ。新しモノ好きの人は試してみては。カードを止める、引き出し・振り込み制限額の変更など、スマホのアプリで管理が可能。大手スーパーマーケットでの入出金もできます。
  
※ DAB-Bankは2016年秋にConsorsbankに統合されました。
  
※ クレジットカード取得には審査が必要ですが、プリペイドのクレジットカードなら与信調査なしで誰でも取得できます。スーパーマーケットでも販売していますし、Payback.deのカードもお勧めです。

口座開設

口座開設代行をご希望の方はご連絡ください。または紹介リンクからの開設でキャッシュバックなどの特典があります。
■ comdirekt bankの紹介リンク
紹介リンクからお申込みの方には、「comdirect bankの使い方」のPDFをお送りします。お知らせください。
 
■ DKB の紹介リンク
■ N26
をご希望の方は紹介メールをお送りします。
 
  
(2016.09.16 記)ニュースダイジェスト2016年9月掲載記事に加筆しました。

* ご質問・ご相談等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

■ ↓ この記事が役にたったという場合は応援クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

■ニュースレターにご登録ください!

メールアドレスを入力して登録をクリック