賠償責任保険 – だれでも必須の保険です

Insurance■ 個人賠償責任保険(Privathaftpflichtversicherung)

ドイツに来られたら、学生・ワーホリ・駐在などのステータスに関わらずまずひとつ加入しておいたほうがいい保険は個人賠償責任保険(Privatrhaftpflichtversicherung)です。

なぜなら、それは日常生活の中で起こり得、損害内容によっては非常に大きな賠償責任を負う可能性があること、日本と比べてより賠償責任を追求されるケースがあること、などがあげられます。

個人賠償責任保険とは

賠償責任保険とは、基本的に自分が加害者として、他人を傷つけてしまった(人的損害)場合、他人の物を壊してしまった(物的損害)場合、他人の財産・資産に損害を与えた場合、または法律の規定により他人から要求された損害賠償や、必要に応じて加害者側をまもるための弁護士・訴訟費用などもカバーされます。ドイツ国外に旅行中に起こしてしまった損害も補償されます。

ただし、故意による損害は補償されません。

人的損害例

・ぶつかった相手が倒れ、打ちどころが悪く障害を負ってしまった。
・子どもが遊んでいて他の子どもをきずつけてしまった。
・子どもが道路に飛び出して交通事故の原因となった。

など

物的損害例

・スーパーの買い物ワゴンを駐車場で他の人に車にこすって傷つけてしまった
・留守中に洗濯機のホースがはずれ、階下まで水浸しになった
・台所から出火し火事になり隣の建物にまで損傷を与えた。

など

大きな損害になるととても自分では払いきれるものではありませんが、個人賠償責任保険の補償額は数ミリオンユーロで、保険料はベーシックな補償内容では年間40€位からと決して高くはありませんので、加入しておけば安心です。

短期滞在者用賠償責任保険

ワーホリ保険などの短期滞在者用の個人賠償責任保険もあり、例えばひと月2€というものもありますが、

・免責額が1件につき250€
・補償内容も低い
・賃貸物件への損害が保証されない

という条件ですので、損害があった場合にはかえって高くつきます。

通常の個人賠償責任保険の最低契約期間は1年ですので、1年以上の滞在の場合は、通常の個人賠償責任保険への加入をお勧めします。

賠償責任保険のオプション

以下のような内容はベーシックタリフでは保証されていませんが、追加で保証対象とできます。

■プライベート・仕事用の鍵の紛失による損害:鍵をなくしてしまった場合、建物の入り口の鍵や仕事場の鍵などは他の人と共有しているため、シリンダーの交換、鍵のコピーなどで数百ユーロくら1000ユーロほどかかることも。

■泊まったホテルやペンションの部屋の物に対する損害

■家庭内の、介護必要者と介護人・精神障害者・Au-Pair・お手伝いさん・交換留学生などによる第3者への損害

■Ausfalldekcung:自分が被害者であるが、加害者が個人賠償責任保険に加入していない場合にも補償を受けられる。

年齢と義務

7才未満の子供・精神病・無意識の場合は引き起こした損害に対しての責任を問われません。7才以上10才未満の子供は自動車や電車の事故に対しての責任を問われません。7才以上18才未満の子供は個々の事例に付きそれを判断する力がないと認められた場合にはその責任を負いません。18才以上は成人として自分の引き起こした損害に対して責任を負います。

となっていますが、7才未満の子供でも親の保護監督不行き届きの場合には親が責任を負うことになります。

例えば、7才未満の子供が公園で他の子供と遊んでいて、お母さんは他のお母さんと話をして目を離していた時に子供が石で車に傷をつけてしまった場合は母親が責任を負います。しかし、7才未満の子供と手をつないで歩道を歩いている時に、母親の見えないところで子供が車に傷をつけた場合は、監督不行き届きとはみなされず、責任は問われません。

その他の賠償責任保険

以下のような内容は個人賠償責任保険ではカバーされないので、必要であれば他の賠償責任保険に加入することになります。
 
■飼い主(Tierdhalter)賠償責任保険:犬や馬が引き起こした損害を補償
■施工主(Bauherr)賠償責任保険:家を建てたり、改築のために25.000€よりも費用がかかる場合。

契約

世帯でひとつの契約となりますので、ひとりひとり加入する必要はありません。結婚する双方が別々に契約している場合は新しい契約の方を即解約することができます。通常年間契約で、毎年自動的に延長されます。3年などの長期契約だと割引があります。日本に本帰国の場合は途中解約も可能です。

損害を生じさせてしまった時は必要に応じて警察を呼んだり、その状況の写真を撮っておき、後で保険会社に提出できるようにします。

お問い合わせ・見積りはこちらから


* ご質問・ご相談等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

■ ↓ この記事が役にたったという場合は応援クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

■ニュースレターにご登録ください!

メールアドレスを入力して登録をクリック

image courtesy of Stuart Miles at FreeDigitalPhotos.net