ドイツで開く銀行口座

銀行の種類

ドイツで生活をすることになれば、必ず銀行口座が必要になってきます。銀行の形式も多様化し今は次のような種類があります。

・支店銀行
・ネット銀行
・フィンテック銀行

支店銀行は既存の銀行で街中に支店があります。ドイツ銀行・コメルツ銀行・Postbank・Sparkasse・Volksbankといった銀行です。

ネット銀行(Direktbanken)は多くは既存の大手銀行の小会社です。支店はなく、口座維持手数料はかかりません。

フィンテック銀行は既存の銀行の枠組みを超えたサービスを目指していたり、スマフォのみで完結できたりする新たな銀行です。

既存の支店銀行はもういらない

いずれのタイプの銀行も認可上は同様の銀行ライセンスを取得しており、口座あたりの預金保証は10万ユーロとなっています。ネット銀行のほうが安全性が低いということはありません。ですので手数料が高く、またセールスマンに自分には適さない投資信託を勧めてくるような既存の銀行に口座を持つ意味はありません。

日本のパスポートで口座開設ができない!?

ネットバンクは支店がないために、本人認証を郵便局やアプリでのビデオ認証で行うのですが、日本のパスポートではほとんどのネットバンクでの口座開設ができなくなってしまいました。ドイツで本人認証に必要な 名前・生年月日・生誕地 の3つのうち生誕地の記述がないためです。

ですが、その中でも以下の銀行は開設できることを確認できています。

お勧めのネットバンク

comdirect bank

一番のお勧めは Commerzbankの小会社の comdirect bank 。

・誰でも開設可
・アプリが充実
・投資口座も充実

・アプリでTAN取得できるのでどこでもオンラインバンキング

・girocardがあるのでどこでもカード払いが可能

使い勝手がいいので一番お勧めです、ただしドイツ語のみ、プライベート使用のみなので自営業には使えません。

詳細はこちら ⇒ comdirect 開設方法 詳細

N26 Bank

次にお勧めはN26銀行

・スマフォで完結
・家計簿自動生成
・英語でOK
・フリーランサー用のビジネス口座あり

フリーランサー・個人事業主ははプライベート用にcomdirect bank、仕事用口座としてN26と2つ口座を持てば便利です。

詳細はこちら ⇒ N26 銀行の開設方法

フィンテック口座

ここに紹介するのは今までの銀行の概念とは違うものです。

トランスファーワイズ
Revolut

トランスファーワイズ

TransferWise.com はもともと格安海外送金サービスですが、ボーダーレス口座というサービスも開始、ヨーロッパ各国で利用可能です。

電話回線の請求書など住所が証明できる書類とパスポートをアップロードすれば30分ほどで口座開設が可能。ビデオチャット認証も必要ありません!ただしカードがなく現金引き出しはできず、振込の送受信のみとなります。帰国後も保持しておくサブアカウントとしても有効です。

自分自身のIBANは取得できますが、トランスファーワイズ自体は銀行認可はないので各国の提携銀行の口座になります。またトランスファーワイズの口座のサブアカウント的な口座なので口座名義は自分の名前の前に TW をつけます。例えばドイツ在住の私の場合は以下のようになります。

名義人: TW Shigeyoshi Yamakata
銀行名: Deutsche Handelsbank

もちろん通常の口座同様に振込の送受信が可能ですが、カードはないために現金の引き出しはできません。

■ 利点

・30分で口座開設、パスポートと住所証明をアップロードするだけ

・日本語を含む10ヶ国語対応(日本ではボーダーレス口座サービスはまだありません)

・海外送金が格安、日本円と米ドルやユーロ間は手数料0.8%のみで為替手数料はなし。

■ マイナス点

・バンクカードもクレジットカードもないので現金引き出しは不可

無料でトランスファーワイズ口座開設

Revolut

Revolut.com ではヨーロッパに住所があればイギリスの口座が取得できます。イギリスの銀行口座も他のヨーロッパと同じIBANというシステムなのでIBAN口座があればヨーロッパ内は無料で振込の送受信ができます。しかもユーザーアカウントをひとつつくれば各国の通貨の口座を持つことができるのです。

REVOLUT.ocm
・ヨーロッパに住所があれば書類のアップロードで開設可
・UKのIBAN口座でヨーロッパ内送金無料
・複数通貨の口座を持てる
・デビット・クレジットカードあり
・クレジットカード内の通貨を為替手数料なしで交換化
・クレカで訪問先の通貨で買い物ができる!
・仮想通貨の購入も可

 

Revolut 口座開設

法人用口座

アマゾンへの出店やヨーロッパでのビジネスに欠かせないヨーロッパの銀行口座。IBANを取得できるEU内の口座であればEU内のビジネスに使用できます。

以前はドイツでも現地法人を設立することなしに、ドイツの法人口座の開設が可能でしたが、マネロン法の強化により現在ではそれもできなくなってしまいました。EUでの法人口座の開設には以下の方法があります。

・現地法人の設立
・エストニア eResidentで法人設立

人を派遣しなくても現地法人を設立することは可能ですが、手続きはそれなりに面倒で通常は現地エージェントを使い費用もそれなりにかかります。

エストニアでは電子住民 eResident を取得することで、EU外に居住の場合でもエストニアの法人設立が英語で用意にまた安くできるようになりました。ただしこの場合でも現地に住所が必要なため、登記用のバーチャル住所の契約は必要です。エストニアの法人税は20%というのも魅力的です。

手続き代行承ります。⇒ 問い合わせ