戸籍謄本から各種証明は領事館で発行可、アポスティーユ・公式翻訳はいりません

ドイツに来てから保険加入などで、出生証明や婚姻証明が必要になることがあります。留学・仕事・移住等でドイツに渡航される際は必ず日本で戸籍謄本を新たに入手してください。

よくアポスティーユと公式翻訳が必要との情報がありますが、これは手間も費用もかかります。

戸籍謄本の原本さえあればドイツ語の証明書の発行は在ドイツ領事館で10ユーロくらいで可能ですので、アポスティーユも公式翻訳も必要ありません。

 

申請時に必要な書類はだいたい以下のようなものです。※詳細は必ず各領事館のサイトでご確認ください。 

1. パスポート
2. 戸籍謄本(出生証明:発行から6ヶ月以内のもの、婚姻証明:発行から3ヶ月以内のものをご用意ください。)

代理人申請や領事館によっては事前にメール申請が可能です。

 

↓ 各領事館の該当ページは以下です。

ベルリン大使館:証明・翻訳

デュッセルドルフ領事館:証明

フランクフルト領事館:証明  ※事前メール申請可

ミュンヘン領事館:証明書  ※事前メール申請可