2015年より生命保険の最低保証利率の引き下げ

Garantiezins保証利率1.25%に引き下げ

保険は大きくは損害保険(Sachversicherung)と生命保険(Lebensversicherung)に分かれます。

生命保険の中には、年金保険(リースター年金・リュルップ年金・企業年金)・介護保険・死亡保障・障害年金保険・貯蓄型保険などがあります。

これらの生命保険には法律で最低保証利率が設定されており、保険会社はそれを守らなければなりません。現在の最低保証利率は1.75%となっています。ところが最近の低利子を受けて、2015年1月1日より0.5%引き下げられ1.25%となります。

年内の加入で現在の保証利率1.75%を保持可能

利率が引き下げられるのは来年以降の新たな契約に対してのみで、契約時の利率が適用されますので、今までに結んだ契約や年内に結んだ契約には今までの利率がそのまま契約期間中適用されます。

0.5%というとたいしたことがないように思うかもしれませんが、長い年月の間には大きな差になってきます。契約期間が30年あると、その利子の額は40%以上も異なることになります。

ということで、どうせ生命保険類に加入するのであれば年内のほうがいいのですが、年金保険などは数十年の長期におよぶものですので、きちんと検討して自分に適したものを選ぶ必要があります。

年金保険には、大きく分けて以下の4種類があります。

1.法定年金・リュルップ年金:税金控除対象・62才以降に毎月年金としての受給
2.リースター年金:補助金あり、30%は一括受給も可、受給は62才以降
3.企業年金:社会保障費と所得税の控除あり、全額一括受給可、受給は62才以降
4.その他の個人年金:一括受給時に節税特典あり、受給前にも一部引き出し可、フレキシブル

具体的には、ご相談ください。 それぞれの方の状況などに合わせて最適のものをお選び致します。

お問い合せはこちらから

お問い合わせ
お気軽にお問い合わせください! Eメール:    ← クリックしてください または以下のフォームにご記入ください。   確認メー...
 


* ご質問・ご相談等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

■ ↓ この記事が役にたったという場合は応援クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

■ニュースレターにご登録ください!

メールアドレスを入力して登録をクリック